おもひでギコギコ
2012 / 08 / 04 ( Sat )
イソジン系のクスリの匂いや味で口の中が満たされると蘇る思い出があります。

もともと、喉や鼻が弱くて、小学生の頃は蓄膿症に罹っていました。
それで夏休みに、通院して治してしまおうと親に言われて、夏休みに耳鼻科へ通っていました。イソジンの味と匂いはその時の記憶です。

生まれはド田舎で育ちもわりと田舎なので、近くに耳鼻咽喉科のなんちゃらクリニックとかしゃれたものなど無く、自転車で片道30分かけて大きな総合病院まで通院していました。
自分が小学校低学年当事流行っていた、「サドルの前のところに変速機が付いていて、後輪のところに折りたたみの籠がついている黒い自転車」をギコギコこいで通院していたわけです。
朝、汗だくになって病院まで行って、鼻とか口に色々突っ込まれて、仕上げに「おえっ!」ってなるやつを喉に塗られて、また汗だくになって家帰って昼飯食って…、くたくたのはずなのにそのまま遊びに行ってましたねw
今になると、蓄膿症治ったのは、治療のおかげもあるけど、わりとハードな通院のおかげで健康になったからなんじゃないか?なんて思えてきます。

あと、炎天下でギコギコやってる息子を見かねて、病院行くときは親が治療費以外にジュース代100円くれてました。
勿論自分はジュースなんぞ買わずに、800円貯めてプラモデル買いましたよ。800円だとちょっと大きめの豪華な奴が買えたんです。
そしたら速攻で「お前、そのプラモ買う金、どっから出した?」って親に問い詰められて怒られましたよw
ああ、懐かしい。

…、この年になると子供の頃の思い出を鮮明に思い出すと、5分間はニヤニヤできるんですが、そのあとの1時間以上は無性に泣けてくるものですな。

ようやく「唾を飲み込んでも喉がズキッってならない」レベルまで回復しました。
さぁ、コピー本コピー本。
22:31:18 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<スマプリはおもろいなぁ | ホーム | 喉がぁ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://senbonknock.blog92.fc2.com/tb.php/663-3e74a39b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |