こんなにも虫になりたいと願ったのはナウシカ初見以来だな
2012 / 04 / 15 ( Sun )
確か「虫が嫌いだと立派な漫画家になれないぞ」という台詞があだち充先生の「虹色とうがらし」で出てきた覚えがあります。
あだち先生も虹色とうがらしがもっとヒットしてたらタッチの続編を描かずに今頃色々な新境地に挑戦していたんだろうな。

それよりもプリキュアの面白さが留まることを知らない!
まだ11話ですよ?後半のギャグ回みたいなオイシイエピソードをこんなに連発していいのか?嬉しいけど。
主役回の主役にスポットを当てすぎて他のキャラが霞むということが起きないのがいいですね。毎回5人がそれぞれ何かやらかしたり見せ場があるバランスが観てて心地良いです。
あとはなおの中の人の思いっきりノドを酷使しそうな「ィィィィィッッッ!!」が好きになりました。
低音系の声優のああいう声もいいもんですね(ノ´∀`*)

23:10:37 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<高度に発達した幻は「ただ単に存在しなかったもの」と区別がつかない | ホーム | 花見行きたい>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://senbonknock.blog92.fc2.com/tb.php/550-e6f09a76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |