脂痩一体のアンビバレンツ
2011 / 10 / 06 ( Thu )
はがないのブリキ絵にハマりつつもシュタゲのhuke絵もいいな、だなんて思いながら筆を走らせている昨今。
とんでもない二律背反の陥ってしまいました。

ブリキ絵特有の肉感グニュグニューなエロスも捨てがたいし、huke絵のあの「ほっそい腰」も捨てがたい。どっちも描きたい。
しかし、ほっそい腰+肉感グニュグニュタプタプのどっちかを再現できるような実力は無いですし、両立させられるほどのセンスも勿論ありません。
試しに両立させようとしたらかなり気色悪い奇形化がおこりました。いや、ほんとビックリした。
ですので、今までどおり肉感重視で行こうと思います。描いてるキャラも「肉」ですしね。

しかし、シュタゲのあの「ほっそい腰」は一度描いてみたいですね。
もえいくさんやバイト戦士のコスチュームも細い腰を映えさせるように計算されてますが、なんといっても助手のあの格好は反則ですね。
あの独特のずり落ちたコートのせいで「なで肩」が強調されて、そのなで肩のせいで細い腰がさらに引き立つ、というほっそりコンボが成り立っているんです。
ああいうセンスが欲しいものです。

「肉感+細さ」を考えるとネギま!の赤松絵はそのへん両立してるんですよね。
決して大仰に主張しているわけでもないのに、腰のくびれと胸や腿の肉がムチッとしててエロい。
おっぱい自体とかおしり自体とかのパーツではなくて全身がエロい。
23:00:24 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<「俺は医者だ!」という台詞と共に本格的な右ストレートを放って顎を粉砕できるのがスーパードクター | ホーム | 暴走ハンター>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://senbonknock.blog92.fc2.com/tb.php/359-a254113b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |