バーキラカの暗殺技術とリッケルトのガジェット作成能力が合わさって
2016 / 06 / 25 ( Sat )
シラット様がジェームスポンドみたいな全身暗器まみれになりそう…。

というわけで、ようやく発刊されたベルセルク最新刊38巻買って読みました!
鼻息フンフンしながら読み漁りました。

面白ぇっ!
ハンター×ハンターの33巻読んだ時と同じように
「長年の伏線がひとっつも解消されてないのに、むしろ風呂敷広がったのに、面白いいいいいいい!!」
と身悶えています。

今回のエピソードで
「あ、以前の鷹の団のほうが、なんというか”強い”な」
という印象を受けました。
月光の騎士ロクスもラクシャスも底が浅いっていうか(むしろ親しみが湧いたけどね。特にラクシャス)、リッケルトやエリカやバーキラカやダイバ様の方が深みがあるっていうか。結局のところ使途は「捧げた」人間だったんだな、と。

つーか、まさかリッケルトがバーキラカやダイバ様とパーティー組むとは思わなかった!
「面白い物語の面白い展開」ってのはこういうことを指すんでしょうね。
ガッツパーティーにはキレイどころが集まって、リッケルトパーティーにはターパサみたいのが集まるのかな?

あと、裏表紙のパックが久しぶりに可愛いかったw


23:55:00 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<デジセルク | ホーム | おざなりダンジョンって30年モノなのかよ!>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://senbonknock.blog92.fc2.com/tb.php/1952-90ef851e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |