「本」という差し入れ
2015 / 01 / 02 ( Fri )
知人がコミケで買って、自分にプレゼントしてくれた本「Kancolle DESIGN HANDBOOK[艦これデザイン解説読本]」が面白いです。
ボリュームがあってまだ全部読めてないです。

これね。この本です。
http://poo-mono.jugem.jp/?eid=1275

あともう一冊貰ったのがコレ。これも知人が買って自分にプレゼントしてくれた本です。
http://www.pixiv.net/member_illust.php?mode=medium&illust_id=47595055
タイトルと表紙そのまんまな内容ですw

本の内容のお話今は置いといて、面白いと思ったのが
「会場で買った面白そうな本を知人にプレゼントする」
ということ。

これ、夏コミでやろうかな?と今考えています。

「これ、面白いんだよ」
「お前、このサークル知らないだろ?お前にぴったりだぜ?」
「お前、これ読んだほうがいいんじゃないか?」
「ここに来る最中にさ、お前が好きそうな面白い本見つけたんだ。コレやるよ」
みたいなノリで渡す。
新刊交換で釣り合いが取れない時とか、あとサークル参加してない時、(挨拶行ったら新刊くれるんだろうな…。こっちは何も無いのに…。気が引けるな…)みたいな時に。
自分が見つけた本をプレゼント。
うん、いいかもしれない。
少なくとも、自分はすごく嬉しかったです。

コミケは素人による即売会と言えども、市場原理が働きまくってランキング至上主義というか、目立ったもん勝ちというか、所謂「勝ち組」「負け組み」の境界線ができてしまいます。「埋もれた才能を発露できる場」であるはずが、いつのまにか「才能が埋もれる場」になりつつあります。規模が大きいのでこうなるのはしょうがないことです。

でも、自分で買った本をプレゼントするような習慣ができあがったら、すれ違うだけの名作と向き合う機会が増える気がします。
実際、この本貰わなかったらこの本の存在を知らないままだったろーなー。

23:54:53 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<次は何を描こっかなー | ホーム | 賀正>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://senbonknock.blog92.fc2.com/tb.php/1538-bc3740ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |