FC2ブログ
そ、そういう手があったか!の実写版
2014 / 06 / 02 ( Mon )
右上の奥歯に新しい銀歯を入れてもらいに歯医者さんに行って来ました。

仮の蓋をするだけで物凄い手間取ったので、ある程度覚悟していましたが、仮じゃない本番の銀歯を入れるのにも物凄く手間取りました。
とにかく噛み合わせがおかしいらしく、何度調整しても噛み合わないという、まるで上滑りするコミュニケーションのような悪夢。
自分も歯医者さんも、どうして良いのか判らないのですが、とにかく「噛み合ってない」ことだけは理解しているという状態。

そこで、歯医者さんが大胆な作戦を立てました。
「下の歯(銀歯かぶせてる)をちょっと削りましょう」

上の新しい銀歯をいくら調整しても噛み合わせがおかしくなるので、下の銀歯をちょっと削って調整しようと言い出したのです。
ちょっとした医療系漫画で「その手があったか!」みたいな展開に妙にワクワクしてしまいました。

結果、それがうまく行ったようで、下の歯をちょい削ったらさっきまでと違ってガッチリ噛めるようになりました。

現在、仮の蓋をしてる時よりもかなり快適に噛めるようになりましたが、ちょっと強く噛むとズキーン沁みます。
…大丈夫なんでしょうか?風邪ひいてるからかな?
しばらく様子見ます。
20:37:21 | 雑記 | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
<<リハビリぃ | ホーム | 再始動きt━(゚∀゚)━━━…きてないな>>
コメント
コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバックURL
http://senbonknock.blog92.fc2.com/tb.php/1325-1a3f544e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |